婦人

カラーコンタクトレンズで自然に印象を変える|度付きや使い捨ても

安全に使う

カラコン

ナチュラリのカラーコンタクトレンズはその名の通り、レンズに色が付いています。色の付き方はメーカーによって異なり、それぞれ違った印象を与えることができるので、その効果について確認しておきましょう。レンズに色が付いていることで与える印象が違うのですが、この色素が目に移ることによって、目にも大きな影響を与えてしまうことがあります。そのためカラーコンタクトレンズを選ぶときには本当に安全な製法で作られているかどうかも確認しておかなくてはいけません。特に、海外に製造の拠点があるカラーコンタクトレンズは適当な方法で製造されていることもあるので、これもしっかり確認してから購入するようにしましょう。ナチュラリのカラーコンタクトレンズは厚生労働大臣が承認しているものなので、安心して利用することができます。カラーコンタクトレンズの製法は現在4つに分類することができます。1つはキャストモールド製法と呼ばれるもので、レンズと色素をプレスしてカラーコンタクトレンズを造ります。この方法とは別でサンドイッチ製法と呼ばれるものもあります。この方法はその名の通りサンドイッチの様にレンズとレンズに間に着色料を入れカラーコンタクトレンズを作っているのです。ナチュラリもこの方法でカラーコンタクトレンズを作っています。その他にもセミキャストモールド製法と呼ばれる方法でカラーコンタクトレンズを作成しているメーカーもあります。この方法はレンズの外側に着色料を入れ、その部分を特殊なコーティングすることで利用できるようにしています。最後にスピンキャスト製法と呼ばれるカラーコンタクトレンズの製法がありますが、この方法はお皿に色を付けるような感覚で遠心力によって色を付けていきます。このようにカラーコンタクトレンズには様々な製法がありますが、より安全だと言われているのがサンドイッチ製法のカラーコンタクトレンズです。